パートナー募集
エントリー
メニュー

仕事を知る。

住宅を縁の下から支えるお仕事です。

水建の仕事は、住宅の基礎を造ること。現場では、設計図に沿った正確な作業が、とても大切です。でも、それ以上に水建が大切にしていること。それは、そこに住まう人々の笑顔を想い描くこと。たくさんの笑顔を支えたいから、今日も現場で設計図と向き合います。
マイホームが完成し、そこに笑顔があふれるころ。水建が手がけた基礎は、外から見ることはできません。だからこそ、これからもまじめに縁の下の力持ちとして頑張ります。

ワークフロー

現場確認
実際の作業現場となる土地を視察し、周辺環境(道路の幅、電線の高さ)、隣地境界線などを確認。
同時に、水道や電気、トイレなどの現場環境もチェックします。
プラン書・見積書の作成
現場確認での報告書に基づき、実際の作業にかかる費用を算出します。
見積もりの作成には仕事の流れを把握し、必要な作業を組み立てるスキルが必要です。
受注
プラン書や見積書をご検討いただき、大手建設会社やハウスメーカー、個人のお客様から、
注文をいただきます。
スケジュールの作成
プラン書や見積書を確認しながら、一つひとつの工程にかかる作業時間を割り出し、
社内向けのスケジュールを作成します。
現場の作業がスタート
建築基礎工事
作成された設計図に沿って、建物を下から支える正確で強固な基礎を造ります。この作業には、2〜4週間を要します。
外構工事
駐車場やカーポート、建物を囲むフェンス、ブロック塀、庭、各種モニュメントを設置。材料の手配から、施工までを担当します。
土木工事
歩道補強工事、水路橋設置工事、側溝工事など、役所への申請から施工までを担当します。
造成
山地の境界に擁壁を作り段差を整え、土地の有効利用を促進します。
エントリーする
エントリーする
  • よくある質問
  • 募集要項
(C)MIZUKEN Co., ltd. 2015