パートナー募集
エントリー
メニュー
ガチンコ対談

お互いの現場での姿は?

稲生 最近、単純作業はスピードが早くなってきたよね。ただ、一つの作業をちゃんと終わらせてから次へ移らないとミスが増えるので、そこは気をつけて欲しい。確認作業が大事。
上出 つい作業に集中して、あれもこれもと手を出してしまいます。あと、報告がないことをよく怒られますね……。稲生さんは、どうやって作業すると効率よくできるかを考えていて、工程通り進めているのがすごいと思います。あと、仕事のスピードがやっぱり自分とは違いますね。

仕事で楽しいと感じるときは?

上出 慣れてきた作業を、イメージ通りスムーズに進められたときは楽しいなと思います。
稲生 僕は全く逆だな。今まであまりやっていなかったことに、挑戦する方が好き。これまでの作業とは違う楽しみを発見できるというか。
上出 僕は、新しいことをやるとよくパニック状態になっちゃいます。外構工事も苦手です。

大変だと感じるときは?

上出 天気や季節に左右されて、作業が思うように進まないときでしょうか。真夏は本当に暑いですし。僕は作業に集中して休憩を取ることを忘れがちなので、それで先輩に怒られることもあります。
稲生 空調服が採用されて、以前に比べて夏も作業しやすくなってはいるけどね。基本的に力仕事なので、ブロックとか、重い物を持つのは大変かな。ただ、それも持ち方のコツがあって、体格を経験でカバーできることがある。僕の方が上出より細いけど、たぶん僕の方が重いものを持てたりね。

会社の先輩と後輩の関係は?

稲生 わりと親切に教えてくれる先輩が多いんじゃないかな。
上出 そうですね。ただ、自分の上に先輩がいるのは安心ですけど、いざ後輩が入ってくるとなると、今度は自分が教える立場になるので、ちょっと不安です。
稲生 後輩への教え方は、自分自身も悩んでいるところ。ただ、分からないときは、ちゃんと分からないと言って欲しいな。
上出 僕は分からなくても曖昧なままにしてしまうときがあるので……気を付けたいです。

5年後、10年後の目標は?

上出 もっと応用力を付けて、外構工事も苦手意識なくできるようになりたいですね。それから、自分のことだけでなく周りにも気を配れるようになりたいし、作業を予定どおりしっかりと進められるようにしたい。
稲生 今の後輩たちには、将来自分のポジションを安心して任せられるように、頑張って欲しいな。そして自分は、今10年目の先輩がやっていることをできるようになっていたい。現場の管理とかね。

未来の後輩へのメッセージ

上出 時間が経ってから自分が関わった現場に行って、建物が無事に建っているのを見ると、やった!という気持ちになります。体力のいる仕事なので、そこだけは覚悟が必要ですかね。
稲生 一つの場所にじっとしているのではなく、色んな現場に行けるのがこの仕事の魅力。作業内容は同じだとしても、やっぱり違う気分で働ける。あとは、外で元気よく働きたい人に、ぜひ来て欲しい!
エントリーする
エントリーする
  • よくある質問
  • 募集要項
(C)MIZUKEN Co., ltd. 2015